FC2ブログ
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

連続ノック生活 五日目:そろそろ身体がきついっす

こんにちは。

よく雨が降った週でしたね。

今年は残暑が和らぐらしい、

そう聞いて喜びと切なさが半々の私が

コンコンパ~のオーナー、翔シュウ力です。

女性の薄着収束が早まるのだけ、

なんとかご勘弁頂けませんでしょうか(苦笑)





前記事、休憩文で心構えを書きまして、

いざフットサル!











…とはせずに、事前に告知していた通り、

フットサル ソロ
→練習試合①で知り合った子とPKに

変更したのです(笑)










いやいやいやいや、だって考えて見て下さいよ。

私がソロで闘う低い確率よりも、

ゴール出来る確率の高い方に行きますから♪
(ゲス)







10対10の練習試合に来ていた三人組の一人と

終了後も連絡をとっていました。

練習試合終了直後に電話がきて、

いけんじゃないかと思ったら

『三人で街コン来てた方ですよね?私達も三人なんで今から飲みませんか。』

との事。











……間違いまくりです(笑)


相当あたふたしてましたが、

これはオーナー調べの尻軽物件に認定です( ̄∀ ̄)

しかも間違えたお詫びがしたいと言い出したので

月曜日に設定して安~~~~~い飲み屋でアルコール入れました(笑)


以下、調書φ(.. )
年齢:20代前半
(聞いてない)
見た目:35点
(細身、Bカップ)
職業:たぶんOL
(聞いてない)
趣味:読書 小説が好きだそうで
(しらんがな)
経験人数:5~6人
(たぶんもっと)
セフレ:いた事がある
(正直でよろしい)
エッチ:嫌いじゃない
(明らかに好きでしょう)





結論!!

飲み屋を出たエレベーターでキス

→手をつないで横道でディープキス

→そのまま押し切ってホテル

→ホテルのエレベーターでパイ揉み

→部屋の入口で手マン

→そのままソファに押し倒してゴール!







思った通り、簡単な物件でした。

この子、なかなか良い反応でして。

手マンしながらちょっといじめたのですが、






オーナー(以下オ)「どうされるのが気持ちいいの?」

OL子(以下O)「ん~。ん~。」

オ「言えないの?」

O「ん~、ん~(首を横にふる)」

オ「じゃあ、やめる?」

O「ん~、ん~(首を横にふる)」

オ「言えないからやめるか」
  (手を遠ざける)

O「ん~、ん~(首を横にふる)」

オ「ん~しか言ってくれないからわかんないよ」

O「ん~!!」







書いてて思いました、

私はエロ小説が書けない(;・∀・)

さておき、反応がとてもよろしい♪

上記を数回繰り返して、結論として

潮も吹かせましたし何回かイかせました。

女の子って、イくと一回でぐったりの子と

何回もイける子がいるなぁって思います。

違いはなんなんだろう、エロさかしら?(笑)






そんな訳で、ソロはしませんでしたが、

前日の黒星を取り戻すゴールを決めて

いよいよ次が最終日☆

読者がいるかは知りませんが、










~待て、次回!~

スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

連続ノック生活 休憩文:ソロでのフットサルについて考える

どうもこんにちは。

コンコンパ~という単語を最近使っていない、

オーナーの翔シュウ力です(笑)

最近になって、初めて納涼船に乗ってきました。

職場の同僚とだったので何も出来ないのはわかっていながら、

せめて雰囲気だけでも見ようと思ったら甘かった。

まさかの席に二時間ビタ止め。。。

まっ、まぁ乗降場に浴衣のおねえちゃんがあれだけいたので、

イメージはできるものの残念無念です(-"-)




さて、無念の敗戦から一夜明け。

いよいよソロでフットサルへ向かう私。

と、その前に、ソロでのフットサル時の要点を

ちょっと整理しておきましょうφ(..)メモメモ





第一に!

試合には負けて当たり前。というか、試合にならない事のほうが多い。

世の中そんなに甘くないです(笑)

ソロのフットサル(ナンパ)において成果を出そうとしたら、

そもそも勝てる率は少ないのです。。戦える率だって少ない

それはそうでしょう。相手はただ道を歩いているだけで、

試合の予定も何もないのですから。

付け加えてお伝えすると、どこぞのイケメンならいざ知らず、

私のような奴に声をかけられるのですから(苦笑)

無視される・拒否される・罵声を浴びせられる等の行為に対する

メンタルの保ち方が重要です。





第二に!

相方がいない。

いや、当たり前なんですけどね、ソロですから。

でもこれ、すごく重要です。

上記に上げたメンタル・モチベーションを保つために

一緒の奴がいる心強さはもちろん、

会話ってテンポというか、間があるじゃないですか。

昔々の有名な剣豪さんなんかは、相手の呼吸を

読み取ることで後の先をとるというカウンターにつなげて、

敵をバッタバッタとなぎ倒していた訳です。

所変わって現代日本の私の場合、

そもそも相手は戦う気すらない訳ですよ。

こちらに興味をもってくれるようなノリの軽い子も稀にはいますが、

大半は戦わずして負けます。

しかし、相方がいる場合には凍った空気を絶妙に破壊したり、

別の話にドリブル突破して切り込んでくれる訳です。

後の先をとれるのはお互いに「戦う」という共通課題があるからで、

そこまで持っていく作業が一人と複数では大きく違いますね。

また、相手の心理的な安心感も一人と複数ではえらく違います。

やっぱり、友達同士でいる方が女の子一人より安心するんです。

例え片方がノリ悪くても、友達が「行こう。」と言えば、

自分が一人になる不安感と友達を一人にできない心配が相まって

付いてくる確率が高まる訳ですね。

ナンパブログなんかを参考に見ていると、

逆三角(女の子2人に男一人)を狙える猛者もいらっしゃるようですが、

私如き小物ではそれは夢のまた夢。

厳しい世の中でございます。
(それが普通とか言わないでくださいw)






最後に!!

場所が重要です。

場所と言っても、色々な場所があります。

広義の意味では、渋谷にするのか新宿にするのかのように

土地になりますよね。

同じ山手線の駅でも、少し離れれば

そこにいる方々は大きく変わります。

自分が試合・PKの対象にしたい方がどこにいるのか、

また自分の戦い方が通用する方がどこにいるのか、

乗降客層の情報収集・下調べは必要かと思います。

また、狭義の意味では、その駅のどこでするかでしょうね。

東口・北口でこれまた客層が変わるところも多々ありますし、

ホテルやカラオケ・飲み屋からの距離感も重要なポイントです。

路上でするのもいいでしょうし、クラブ等もありでしょう。




これらの色々を踏まえた上で、

次回からの二回分はソロでのPK戦編です。

あと二日分の記録、楽しんで逝きましょう。






~また次回~


このページのトップへ
コンテントヘッダー

連続ノック生活 四日目:練習試合②ソロ参戦(30対30)

日曜日の昼下がりにこんにちは。

昨日のソロアポがドタキャンされて気持ちが沈んでいる、

そんなオーナーの翔シュウ力です。

防弾ガラスのハートと言われて久しい私ですが、
(誰が言ったかは不明)

職場の同僚と参加した練習地合からのソロアポだったので、

ネタの期待もあっただけに残念です。



さて、ここからはノック四日目の記録となります。

序盤の3連戦でゴールを量産した代表でしたが、

四日目はどうだったのか。

試合後の翔シュウ力監督の会見の様子をご覧ください。



――まず、試合を振り返って。

 「開始直後はここ数日の好調さを継続するかのようなダイナミックなプレーができていたが、かなり早い時間帯から他の男女との距離をコンパクトに保てなくなった。ボールを勢いよく奪いに行けず、中盤でゲームが作れなくなった。サイドでもスペースを与え過ぎ、容易にクロスも上げられた。負けるべくして負けた試合だった。」

「非常に痛い敗戦だった。これまでの試合展開では、前半の入りから畳み掛ける展開が続いていた。アグレッシブに行くべきことは分かっていたが、一人参加者があまりに少ないことで慎重になってしまった。それでも前半はここ数日の勢いそのままに攻め込んだが、周囲の男性陣が我々にとって危険なサッカーをしてきて、早い時間帯で一点取られてしまった。後半はリスクを負って攻撃をしかけてみたが、既に作り終えられた雰囲気が大きく逆転が出来なかった。、シュートにしても、あるいはラストパスのところでの動き出しにしても、選手に落ち着きがなかった。そもそも、パスを出そうという他のチームの選手がおらず、1対多人数の状況で強引に持って行かれてしまった。
応援してくれたサポーターの皆さんにも申しわけない気持ちでいっぱいだ。サッカーには今日のような敗戦もあるが、我々の目指すべき方向性は間違っていないし、今後も進んで行く。敗戦に対する責任は、監督である私にある。私自身はこの試合にしっかりとした準備をして望んだと思っているが、残念ながら現実には良くない展開だった。その結果に対する責任は私にあるので、批判は私にしてほしいし、サポーターの皆さんにはただ選手たちをこれからも後押ししてほしい。この敗戦は、私の敗戦だ」



――体調のピークを合わせられなかったのか。

 「確かに、結果から見ると連戦の疲れというのは関係があるように思えるかもしれない。しかし、日中の時点ではコンディションに問題はなかったことから、要因は別のところにあると考えている。素早くプレーすべき局面で動きが遅かったし、力強く奪取しなければいけない場面で他チームの男子の動きに引いてしまって、ほとんど奪い取れなかった。やるべきことを選手が試合中に考え、実行することができなかった」



――選手のメンタルの問題はなかったのか。

「練習試合の中でも、自身が単独参加の場合、他チームの選手が多くなればなるほど試合の進め方が難しくなることは明らかである。そんな中でも、3日連続のゴールをし、さらには前日に小数対戦のゲームをこなしてメンタルコンディションは準備して望んだとも考えている。味方が最初からいるか、早い段階で味方になる選手がでてくれればこのようなことはないと思う。試合開始直後にダイナミックなプレーができていたと先ほど話したが、女性だけでなく男性側にもほとんど一人参加がいないことを開始時点で見極めて動くことができた結果である。しかし、私自身、様々な試合の展開などがどうなるのか考えた上で準備してきたつもりだが、現実的には一番恐れていた展開になってしまった。早い時間帯の失点も、結果として選手を動揺させてしまったと考えている。」



――どう修正するか。

 「まずは自分自身の反省だ。何が原因で、何が足りなかったのか、それはこれから分析し直して今後につなげなければならない。その後、チームとしての分析も同様に進めていく。
敗戦はしたが、我々は隠れもせず堂々と、この敗戦を真摯に受け止める。サッカーというものは、常に学びとって進歩していかなければならない。我々もこの敗戦からしっかり学び、今後のチームの成長につなげていかなければならない。敗戦というものは常にネガティブなものばかりではない。それをプラスに変えていくものは多くある。この敗戦をしっかり見つめ、自分たちがより前向きにプラスに変えていくようにしていく必要がある。このチームはもっとできるし、これまでもそれを証明もしてきた。残りの試合で最高の結果を出すために、何が必要かを考え続けて結果へ繋げていきたい。」





ついに黒星がついた翔シュウ力。

しかし、監督も話している通り、この敗戦を次に繋がる敗戦に

していかなければなりません。

とりあえず、



ソロでの練習試合参戦はしばらく控えます(笑)
 





~また次回m(_ _)m~

このページのトップへ
コンテントヘッダー

連続ノック生活 三日目:練習試合①ソロ参戦(10対10)

今日は駄メンズ飲み、オーナーの翔シュウ力です。

結局、私の原点はここです!

男同士でバカな話を楽しむ為に、普段アホな行動をとる訳です(^。^)

楽しくて仕方ない、そんな連中に会えた事を良しとするしかないですね(笑)




さてさて、連続ノック三日目、

今回はソロで練習試合に参戦してみました。

『個の力』を表題にかかげるなら、

練習試合で一人でも結果を出すことは避けて通れません。

当然ですが、ここに来る女性陣は

すべからく出会いを求めています。

ここで戦えなければ、正直ストリートには

でれないレベルになってしまいます。




前にも書いたルティンワークを実施して

準備を完了させ、敵の牙城に乗り込みます。

今回の練習試合は、10対10の個別形式。

お見合いパーティー(?)のように男女の全員が三分ずつとか

会話する時間をとった後に、二度のフリータイムがありました。



この手の少人数制のお見合いパーティーでまず注意するのは、

一緒に来ている女性同士がいるかと、それが誰かです。

大抵、何組かの女子は友達と一緒にきています。

しかし、会場では隣同士にされないこともあります。

同じグループに複数手を出すと、バレやすくなるので。

さりげなく、しかし注意深く相手を観察して

友人の存在や場所を確認するのが良いでしょう。

私の場合は開場時間前に店外の入り口が見える場所に陣取り、

女性同士で来る方々を観察していたりします(笑)

自分の身を守るためには大事なことです。




今回は二人組が二組、三人組が一組。

バラで来ている方が2人と確認してからいざ中へ。

男性が13人いて、「10対10じゃないんかいっ」と

心のなかでツッコミを入れつつトーク開始。

13対9ですが、結局人気のある子は限られるので、

男性陣は取り合いになります。

私の場合、事前にリサーチした友達同士を避ける形で

連絡先を3件ほど聞き出しました。

そのうち、特にノリが軽そうな三人組の一人に

終了直後にアプローチ♪

適当トークで褒めちぎりつつ、相手の子から

「この後一緒に飲みに行きたい」の引き出し完了。

当日のうちにアポ打診をして快諾。


駅前で合流

→居酒屋にはいる

→褒めちぎりつつの恋愛トーク

→店内でキス

→ホテルに連れ出し




で、ミッションコンプリートでした(笑)

この子、正直採点では40点てとこなんですが。

若いだけあって、Hに積極的でしたし

何より肌が若くてキレイ☆

俺の股間のマグナムが火を噴くぜよろしく

3日連続の二時間内に二回戦。

どうやら、休業期間を経て私の身体は

溜まりまくっていたようです(ノ´∀`*)

ちなみに、この子もオナニーはしないと言ってましたが、

ホテルで買ったローターを当てながら確認すると

元カレに渡されて使ったことがあると白状しました。

嘘はいけませんね、まったく(笑)

こうして3日連続でゴールを叩き込んだ私は

自分の自信を取り戻していきました。






~四日目へ続く~







このページのトップへ
コンテントヘッダー

連続ノック生活 二日目:某ハブで仲良くなった子

とかつけてるのに、ハブって…

自分の国語力が気になる今日このごろ、

皆様こんにちは。オーナーの翔シュウ力です。

とりあえず、ハブは色々なところにあるので、

場所が特定されないところだけでもよしとするか。

こんなパターンもあるということで書きますが、

正直どこの店でもできるやり方です。



突然ですが、私は晩酌を致しません。

缶の片付けが面倒くさいとかではなく、

一人でお酒を飲んでも楽しくないのです。

そういう訳で、たまに一人で飲みに行ったりします。

おそらく、元々が寂しがりなのでしょう。

住んでいるところの近くの行きつけBARは、

いつ行っても話しやすい常連が多いところです。

しかし、自分のホームのここでは私は何もしません。

守るところは守っていかないと、世の中怖いですし。

何より行きつけは行きつけで、

自分が大切にしているところなので。

行きつけは自分の心のリフレッシュ、

やはり色々やるならアウェイでしょう。

自分の試合・練習試合やフットサルの予定がないときに、

客層が若くて周りの方と話せそうなお店を

月に一回程度山手線近郊で探してみたりします。

ハブは店によって支払いやテーブルの形式が少しずつ違いますが、

基本的に若者が多くてガヤガヤした雰囲気です。

隣にいる知らん人と話せる方ならば、

誰が行っても適当な人間と仲良くなれる可能性があります。

そういう意味で、私と同じようなポジションの方には

その日の当たり外れはありますがおすすめです。




これはもう、ノック生活の少し前のことです。

私はハブで飲んでおりましたが、ちょっとどこにも入れない印象。

こんなのは普通なので、混んできたこともあり、

軽く飲んで店を出ました。

と、お店の前には若い女性が看板を見たり中を伺っています。

ハブは、基本は地下にあるので中は見えませんが(笑)

顔面採点で55点、何かもう少し足したら素敵な女性に

なりそうな雰囲気だけある身長低めの子でした。

こんな時は、声をかけるのが基本です。


「店の中、すごい混んできて男むさいですよ(^^)」


完璧です。

相手の意図を汲み取って中の様子を伝えた上で、

敢えて盛り気味に入りづらいことを伝える。

この子は優しげな印象の見た目に違わず、


「そうなんですか、ありがとうございます。」


と、答えてくれました。

聞くと、仕事帰りに珍しくお酒を飲みたくなった。

女一人で居酒屋にはちょっと行けないので、

ハブなら入れるのではと思った。

ここまで話してくれたなら、

チャンスどころかほぼゴールでしょう(笑)

チェーンの居酒屋でよければとご一緒し、

最近忙しくて疲れているらしい彼女の話を

見た目一生懸命、中身は右から左に受け流して

聞いておきました。

時間的にも遅かったことと平日だったこと、

試合開催に繋げられる可能性も考慮して

この日は手を出さず。

連絡だけとっておりましたが、どうにも調整できず。

であればノックに組み込んでしまった次第です。



賢い皆様ならお気づきかもしれませんが、

この子と飲みの設定をしたのは金曜日。

それこそ、前述の安牌な案件ですが、

真面目な子なので逃げ道をなくすために金曜日です(笑)

最初から食いつきの良いのがわかっている案件なので、

大変スムーズにお話が進みました。

出足から一気に主導権を握って恋愛トーク。

相手に好印象を与える為に、

日々の仕事で拙いながらも鍛えてきた営業スマイル。

一次会後の「お散歩しようか」から

エレベーターでキス。

そのままホテルに行きました。

昨日二回した事と金曜日の疲れで体力が心配でしたが、

この子を触った時の「んっ、んっ。」と我慢するさまに

まんまと興奮させられ二時間で二回。

この手の、なんとか快感を我慢しようとするけど

しっかり感じちゃう子、私の大好物ですね。

ついでに、こころの師匠よろしく

一回戦終了後にオナニーするのか聞いてみると

「した事がない」とのご返答でしたが。

手でいじりながら再度聞いて見ると、

恥ずかしそうに嘘をついたことを認めました(*´艸`*)



2日連続のゴールでテンションが上がったまま、

三日目は練習地合への個人参加を書かせて頂きます。






~それでは、次回へ続く~





このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

翔シュウ力

Author:翔シュウ力
翔シュウ力の駄ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。