コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

第一節:開幕戦③ 試合後のロッカールーム

こんばんわ。『コンコンパ~』のオーナー、翔シュウ力です。

『コンコンパ~』、使い続けますよ~(^^)

合コンの楽しみって、得てして終わった後の振り返りだったりします。

まぁ、それだけ不毛な合コンが多いって事かもしれませんが(苦笑)



5対3の変則マッチで二次会は不毛と踏んだ我々は、

三人をサクサク放流して男子飲みを開始。

食べ足りなかったので飲み会終わりのラーメン屋、

からの居酒屋で唐揚げという超攻撃(メタボ)的な

ロッカールームトークを繰り広げました。

この時間がこの日一番楽しかったのは、皆が同意するところでした( ̄∀ ̄)


今日は不毛だった旨を話していると、得意がしきりに謝りましたが。

こればかりはフタを開けてみないとわからない為、男性陣は気にしてません。

むしろ、今回は全体練習としてチーム力の向上と捉えれば、大変良かったと思います。

 
とりとめもないメンズトークをしていると、話題はそれぞれの守備範囲へ。

お互いの好みや攻め方は、知っておいて損はありません。


せっくん「俺はランク70は超えたいかなぁ」

H&M「俺は55、いや50あれば。」
 
得意・テッリ「60くらいは必要じゃない?」















翔シュウ力「20あればいける、
      アルコールがあればもっと攻められる。







私は、どこへ向かっているんでしょう…

少し、少しだけ心配になりましたが、

我々チームの分担は決まりました(笑)
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

第一節:開幕戦②

雪の爪痕が残る晩にこんばんは☆

コンコンパ~のオーナー、翔シュウ力です。

コンコンパ~』とは、当ブログを指す略称を考えていた私が思いついた言葉なんで、

今後は使い続けて無理やり定着させます(笑)

街コン・合コン・ナンパの後ろを少しずつかじりました。

ケンケンパ的な感じでお願いします。
…誰ですか、クルクルパ~とか言ったのは(≧△≦)

さておき、5対3の変則マッチについて。。。




後はハイライトで御覧ください!!


翔シュウ力:
『まず相手チームのスターティングメンバーですが。
 
 幹事子 ランク15 ノリは悪くない・お姉さんタイプ・しゃくれ気味
 まだマシ子 ランク30 この中で見れば、まだ…
 もう帰れ子 ランク8 話も面白くないし、奇抜なお顔立ち
 
 小学校中学年のクラス対抗戦レベルといったところでしょうか。』

セルジオ:
『これはなかなか固い上に崩しに行く気力の起きないチームが出てきたね。
 マッチメイクした得意のすまなそうな顔が印象的だった。』

翔シュウ力:
『序盤は、ゴールに繋がるアイデアの見えない展開。
 H&Mと翔シュウ力のパス交換(いぢり)で無理やり繋ぐ形でした。』

セルジオ:
『相手のペースに合わせてしまったことで、力が出なかったようだね。
 今後の課題として見てもいいんじゃないかな。』

翔シュウ力:
『前半30分でテッリを投入するも、押され気味にのゲーム展開はかわりませんでした。
 せっくんが遅れているので、相手を見てH&Mが「来なくてイイ」メールを送ります。』

セルジオ:
『結局、せっくん来たから皆びっくりだったけどね。』

翔シュウ力:
『中盤の攻防では翔シュウ力がもう帰れ子をマンマーク。
 テッリ・得意・H&Mが幹事とまだマシ子を相手にしていましたが、翔シュウ力が抑えこまれます。』

セルジオ:
『もう帰れ子に振り回されていたね。
 せっくんがきてマークを渡し、フォワードにコンバートしたのが試合のポイントかな。
 まだマシ子をテッリが、幹事子を翔シュウ力がマンマークで
 抑えこんだから、そこからの攻撃もスムーズだった。
 せっくんと得意がもう帰れ子を抑えていたのと、H&Mが全体にパスを散らして
 試合を作ってくれたしね。』

翔シュウ力:
『終盤、マークを交代してからは攻勢にでます。
 テッリ・H&M・翔シュウ力ら古株三人の連携からゴールも生まれました。』

セルジオ
『ここは、ベテラン三人の高精度な攻撃だったよね。

 テッリ→女の子がどこまでならOKか見てみよう。
 H&M→こらこら、セクハラするなよ。
 翔シュウ力→(幹事子の肩を抱き寄せる)セーフ。
 テッリ→(まだマシ子の肩を抱き寄せる)セーフ。
     次は膝枕かな。
 翔シュウ力→(膝枕をしてみる)
 幹事子→やだ~(と言いながらも強くどけない)
 テッリ→(膝枕をしようとする)
 まだマシ子→ヤダ~(させない)
 H&M→こらこら、やめとけ。

 このゴールは潰れ役になって身体を張ったテッリが落としたボールを、
 H&Mが絶妙なコントロールでパスを出し、
 翔シュウ力が押し込んで決まったからね。』

翔シュウ力:
『結局、このゴールのみが次に繋がって勝ち点1でした。』

セルジオ:
『課題の多く残った試合だったけど、勝ち点が取れた事は大きいね。
 ちょっと翔シュウ力がブログの為になりふり構わなかった感も、なくはないけど。』
 
翔シュウ力:
『次に繋がる試合だったということですね(無理やり)
 次回の試合、翔シュウ力のPK結果にも期待しましょう。』

セルジオ:
『一応、そういうことにしておこうかな。』

翔シュウ力:
『セルジオさん、ありがとうございました。』

セルジオ:
『ありがとう、またね。』



第一節 結果
勝ち点 1
勝ち点平均 1
ゴール数 1
合計得点 1
得点者 翔シュウ力(1)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

第一節:開幕戦①

こんにちは、翔シュウ力です。

オリンピックのフィギュア団体戦、女子ショートプログラムの

ロシア代表選手に色々な意味で可能性を感じたのは、

私だけではないと思います(笑)


さて、本日はまともな記事第一号、開幕戦です。

記念すべき本号は、男性陣が勢揃いした試合をお送りします。

実況は翔シュウ力

解説はセルジオ越前屋さんです。




翔シュウ力:
『開幕戦、どんな試合展開が予想されますかセルジオさん?』

セルジオ:
『今回は、男性陣の楽しみ感が尋常ではないからね。
 まぁ、ぶった斬るだろうね。』

翔シュウ力:
『おぉっと、ここで女性側から「二人これない」という提案!』

セルジオ:
『人数が揃わない時点でどうでもいい思いが男性陣にあるけど、
 来てくれる事に敬意を評して試合を作っていこうという気概は
 感じるよね。所謂、やっつけだけどね。』

翔シュウ力:
『なるほど、5対3の変則マッチで進めるということですね。
 序盤のキーは誰になるでしょうか?』

セルジオ:
『翔シュウ力とH&Mが0次会でアルコール入れてるからね、
 彼らがやるかもしれないね。』

翔シュウ力:
『今回は、得意の初マッチメイクに対する感謝もあるんでしょうか?』

『それはあるよね、男性全員が気合を入れて試合に臨むところは評価できるから。
 こういう時は、何かが起きるものだね。』

翔シュウ力:
『男性陣も二人が遅刻して、3対3から始まります。
 H&M・得意・翔シュウ力の1バック2ボランチのようですね。』

セルジオ:
『ん~、相手の陣容がわからない以上、ゲームを作れる二人を配置して
 同人数で戦うのは、探りとしてはわるくないと思うけどね。』

翔シュウ力:
『なるほど、相手に合わせてボランチ二人がパスを回しながら
 試合を組み立てる流れですか。』

セルジオ:
『一番緊張する開幕だから、まずはリスクを犯さず試合に入っていくという
 意図はあるかもしれないね。
 テッリとせっくんは、どの時間帯から投入しても攻めていけるしね。』

翔シュウ力:
『その辺り、時間の経過と共に見て行きたいですね。
 おおっと、ここで選手入場のようです!女性陣が見えてきました。』




~次回、本当の開幕戦が始まる~
このページのトップへ
コンテントヘッダー

選手紹介②

・せっくん
主なポジションはサイドバック。

基本的には守りをメインにゲーム展開するが、
鬼振りのクロスを上げたり斜め45度からの
ミドルシュートを蹴り込む攻撃的なサイドの選手。
延長からPKへ至るまで、尽きないスタミナも大きな魅力。

仕事もプライベートも忙しい中、参戦率はハンパない(笑)

気がついたら意気投合してスカウトしたあの日から、
もう何年経って何回飲んだろう。


・得意
主なポジションはセンターバック。

センターバックなのに攻撃的、選手で言えば
闘莉王と同じポジションになる。
セットプレーになると、甘いマスクとは裏腹に
ガンガン飛び込んでいく勇猛果敢な選手。

オーナーが練習試合での動きに目をつけてスカウトし、
一番最近合流した。
にも関わらず、既に練習試合・試合に出場するどころか
マッチメイクも行うなど、チームへ溶け込んでいる。



このページのトップへ
コンテントヘッダー

このブログの方向性と考え方について

こんばんわ、翔シュウ力です。


2月の初旬、社の業務が大変忙しい上に金曜日の夜、

このブログの素案を練って書き込む私は

間違いなくダメな男だと思います。

あっ、すいません。わかりきった事でした。。。


さておき、表題について考えたいと思います。

最初に堅苦しい話ばかりでも形を作っておかないと

どんなブログなのかわからなくなっちゃいそうなんで(^_^;)



①コンセプト
これはもうタイトルの通りです。

街コン参加からの合コン開催、

ないしはナンパからの合コン開催を基本にします。

合コン開催をメインに持ってくるのは、

皆で楽しみたいからです。

『One for All , All for Sex』

この考え方を基準に、試合でも個々でも

勝ちに行くのが基本だと思っております。



②コンプライアンス
私がこころの師匠と謳うブログさんでも

ここは基本として書かれております。

所謂、法令遵守というやつです。

試合、ゴールを決める等はもちろん自己責任ですが、

お酒の飲めない年齢の方は対象にしませんし、

飲んでなくても未成年には手を出しません。

リスク回避は、お互いがお互いを守るためですからね。



③チームワーク重視
練習試合・試合などで、顔が良いだけでモテると

思っている方がいらしたとしたら、それは違うと思います。

イケメンは大きなアドバンテージではありますが、

男性陣みんなの仲が良くて女性を楽しませることができることも、

団体戦・個人戦の結果につながっていくと考えます。

また、自分のゴールターゲットはいなくとも、

チームとして仕事をこなすことで次に繋がることもあります。

ゆえに、ポジションも基本はもちつつ流動性で、

それぞれがユーティリティに動けるようにすることで

勝率が上がる研鑽を積んでいます。






①~③をベースに、

・一年間で25ゴールを上げるのが
 私の個人的な目標


・年間の勝ち点平均で1を超えるのが
 チームとしての最低目標


として、楽しく逝かせていただきます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

選手紹介①

・テッリ
ポジションは主にフォワード。

団体戦ではオフサイド(下ネタ)ラインぎりぎりで戦う、
軽妙なトークとソフトッチの魔術師。
シュート体制に入ると、そのフィジカルの強さから
高い決定率を誇る点取り屋。
ただし、相手のランクと自身の疲れ具合によって
好不調の波がある選手。

翔シュウ力との付き合いが長い、最古参メンバー。


・H&M
ポジションは主にボランチ・サイドハーフ。

全体のバランス調整を担うチームの司令塔。
味方のミスのフォローから女性の話の聞き役まで行う、
大変高い包容力を誇る選手。
団体戦では雰囲気を活かしたチームの底上げを担うが、
気に入った対戦相手を見つけると怒涛の攻めを見せることも。

こちらも最古参のメンバーの一人。
ハンネの由来は、某ファッションブランドでは断じてない(笑)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

用語集

【用語集】

練習試合・強化試合
街コンを指す。
試合のための相手探し、少数の男性同士での連携強化にポイントを置く。
まれに、同性を自分のチームに勧誘することあり。

試合
合コンを指す。
試合の結果としては、

・複数人が成功→勝利(勝ち点3)

・誰か一人成功→引き分け(勝ち点1)

・誰も何も出来ず→負け(勝ち点0)

と表記する。
また、対戦相手のレベルに応じて、代表戦・小学校対抗などの表記がされる。

PK戦
ソロアポを指す。
ここまで持ち込んでゴールが決められなかったら、もうしょうがない(笑)

ゴール
対象を最期まで攻略すること。
ABCでいえばC、チョメチョメとも言う。

ランク:
0~100で表記。
一般男性の標準的な性の対象を60として算定。
顔、身体、雰囲気、ノリなどの総合得点のため変動あり。

このページのトップへ
コンテントヘッダー

自己紹介

翔シュウ力 


ポジションは主にボランチ。

試合(合コン)時は、パスを散らしながら

全体をコントロールする司令塔の役割を取ることが多い。

会話を切らさない話題の放り込みと席替え大臣ぶりから、

『イニエスタ』の異名をとる。

ソロアポ時は当然フォワードにコンバートする、

当ブログオーナーのダメンズ。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

はじめまして(^^)

-【はじめに】ブログ発症の起源-


はじめまして、当ブログオーナーの翔シュウ力です。


きっかけは、なんとなくさすらっていたネットの海でした。

私は元々、『平和な合コン』をコンセプトにしていました。

ここで言う『平和』は、何もおきないことではありません。

男女はもちろん、男性同士が化学反応のように連携することで、

楽しさを最大限に引き出す合コンです。

「もっと面白いネタはないか」そんな想いで漂っていた私の目に

とんでもないブログが飛び込んできました。


今まで女性から

「男性同士の仲が良いから私達も楽しい」

「こんなに楽しかった合コンは初めて」

と言われて、正直テングになっていました。



「自分なんてミジンコ以下だ」



そう痛感させられるほどのクオリティを目の当たりにし、

見習わなくてはという気持ちと、

人として見習ってはいけないのでは(笑)という気持ちが

ふつふつと湧いてきました。

両極端な想いの中で自分なりに至った結論が、


『まずはいいところだけもらっとけばOK(≧v≦)』


という、ダメな奴の典型のような答えでした。

しかし、思い込みは人を強くするもので、

実践しながら自身の記録や振り返りに役立てようと

ブログ開設に至りました。


『読者の事など考えてもいない見解で、
ホントすんません(≧▽≦)』



そういう訳で、とりあえず自分もやってみよう的な部分が強いので、

方向性がぶれぶれになりながら、進んで行こうと思っています。

こんなものを読む奇特な方がいるかどうかはわかりませんが、

お目汚しには予め謝らせていただきます。ホントすんません。

適時改正をかけながら、進化なり退化なりしていきますので、

そこんとこよろしくお願いします。



平成26年2月3日 初稿
このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

翔シュウ力

Author:翔シュウ力
翔シュウ力の駄ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。