コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

連続ノック生活 二日目:某ハブで仲良くなった子

とかつけてるのに、ハブって…

自分の国語力が気になる今日このごろ、

皆様こんにちは。オーナーの翔シュウ力です。

とりあえず、ハブは色々なところにあるので、

場所が特定されないところだけでもよしとするか。

こんなパターンもあるということで書きますが、

正直どこの店でもできるやり方です。



突然ですが、私は晩酌を致しません。

缶の片付けが面倒くさいとかではなく、

一人でお酒を飲んでも楽しくないのです。

そういう訳で、たまに一人で飲みに行ったりします。

おそらく、元々が寂しがりなのでしょう。

住んでいるところの近くの行きつけBARは、

いつ行っても話しやすい常連が多いところです。

しかし、自分のホームのここでは私は何もしません。

守るところは守っていかないと、世の中怖いですし。

何より行きつけは行きつけで、

自分が大切にしているところなので。

行きつけは自分の心のリフレッシュ、

やはり色々やるならアウェイでしょう。

自分の試合・練習試合やフットサルの予定がないときに、

客層が若くて周りの方と話せそうなお店を

月に一回程度山手線近郊で探してみたりします。

ハブは店によって支払いやテーブルの形式が少しずつ違いますが、

基本的に若者が多くてガヤガヤした雰囲気です。

隣にいる知らん人と話せる方ならば、

誰が行っても適当な人間と仲良くなれる可能性があります。

そういう意味で、私と同じようなポジションの方には

その日の当たり外れはありますがおすすめです。




これはもう、ノック生活の少し前のことです。

私はハブで飲んでおりましたが、ちょっとどこにも入れない印象。

こんなのは普通なので、混んできたこともあり、

軽く飲んで店を出ました。

と、お店の前には若い女性が看板を見たり中を伺っています。

ハブは、基本は地下にあるので中は見えませんが(笑)

顔面採点で55点、何かもう少し足したら素敵な女性に

なりそうな雰囲気だけある身長低めの子でした。

こんな時は、声をかけるのが基本です。


「店の中、すごい混んできて男むさいですよ(^^)」


完璧です。

相手の意図を汲み取って中の様子を伝えた上で、

敢えて盛り気味に入りづらいことを伝える。

この子は優しげな印象の見た目に違わず、


「そうなんですか、ありがとうございます。」


と、答えてくれました。

聞くと、仕事帰りに珍しくお酒を飲みたくなった。

女一人で居酒屋にはちょっと行けないので、

ハブなら入れるのではと思った。

ここまで話してくれたなら、

チャンスどころかほぼゴールでしょう(笑)

チェーンの居酒屋でよければとご一緒し、

最近忙しくて疲れているらしい彼女の話を

見た目一生懸命、中身は右から左に受け流して

聞いておきました。

時間的にも遅かったことと平日だったこと、

試合開催に繋げられる可能性も考慮して

この日は手を出さず。

連絡だけとっておりましたが、どうにも調整できず。

であればノックに組み込んでしまった次第です。



賢い皆様ならお気づきかもしれませんが、

この子と飲みの設定をしたのは金曜日。

それこそ、前述の安牌な案件ですが、

真面目な子なので逃げ道をなくすために金曜日です(笑)

最初から食いつきの良いのがわかっている案件なので、

大変スムーズにお話が進みました。

出足から一気に主導権を握って恋愛トーク。

相手に好印象を与える為に、

日々の仕事で拙いながらも鍛えてきた営業スマイル。

一次会後の「お散歩しようか」から

エレベーターでキス。

そのままホテルに行きました。

昨日二回した事と金曜日の疲れで体力が心配でしたが、

この子を触った時の「んっ、んっ。」と我慢するさまに

まんまと興奮させられ二時間で二回。

この手の、なんとか快感を我慢しようとするけど

しっかり感じちゃう子、私の大好物ですね。

ついでに、こころの師匠よろしく

一回戦終了後にオナニーするのか聞いてみると

「した事がない」とのご返答でしたが。

手でいじりながら再度聞いて見ると、

恥ずかしそうに嘘をついたことを認めました(*´艸`*)



2日連続のゴールでテンションが上がったまま、

三日目は練習地合への個人参加を書かせて頂きます。






~それでは、次回へ続く~





スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

フットサル1:せっくんと行く③

どうもこんばんは。

オーナーの翔シュウ力です。

サッカー日本代表の予選突破が厳しくなってきた

今日このごろ、皆様いかがお過ごしでしょうか。

私は面白いサッカーが見れれば満足なので、

良い試合を見ることを純粋に楽しんでいます。



さてさて、今回もせっくんとの記事です。

先日の2対2の後、せっくんとの連携で

かなり相手を切り崩せるような印象があったので、

その強化のために路上に出ました。

書けそうなものは3件、5件くらいは

声かけましたが無視されました。

それでも、この割合の連絡先交換であれば

わるくないかなぁと思います。

ちょっと酔ってお金を使いすぎた面はあるので、

そこは今後の課題ですね。



①不思議子&太め子

初戦。

誰でもいいから、とりあえず

声をかけたかった我々が、

大丈夫そうな2人に声をかけました。

ランク20とランク13のファニーなコンビ。。。

とりあえず私はいつもの声がけと、

せっくんとのゲームプランの確認でしたが。

不思議子は話が膨らまないし、

太め子も聞き役スタイルの上に

話がうまくつながらないし。

何より「そこにいくか」という周囲の目が

痛かった(苦笑)

とりあえずせっくんが不思議子、私が太め子担当で

15分ほど話し、連絡先交換をしましたが。

私に記憶のあるかぎり、失礼ですが

まずこちらからは連絡しないでしょう( ´∀`)



②不倫カップルとその友人

こちらは、街をさすらっていた時に

飲み屋に入ろうとしていた

男性一人+女性二人の三人組を

我々が見つけまして。

オープンバルのようなお洒落な店で、

店員さんが人数を聞きに外にきたところを

「五人ですヽ(・∀・ )ノ 」と横から入ったら

まさかの「五人です」の返答。

そのまま一緒に30分ほど飲みました。

話を聞くと三人とも会社の同僚で、

男性は奥様いるけど片方の女性と不倫中とのこと。

私には関係ないので流しました(笑)

そのご友人のもう一人も彼氏がいると言ってましたが、

話をしていくとボディタッチが多い方。

とりあえず酒に任せて下ネタをさしこみつつ、

彼女がトイレにいったタイミングに合わせて

私もトイレの前へ移動。

連絡先を交換して、先週ゴールを決めてきました。

「彼氏がいるのに」って何回もいうので、

「お互いの寂しさを埋めるだけ」と言い切りました(笑)



③帰りがけOL二人組

②の三人と飲んでいる時に、

隣のテーブルで飲んでいたお二人。

あちらは帰りがけでしたが、

私達はお店に入ったばかり。

「とりあえず連絡先を交換しません?」

の第一声で、会って30秒で交換。

この日の一番の収穫はこの子で、

ランク65くらいでしょう。

当然、丁寧なLINE交換から先日ゴール。

ここからさらに試合に広げる予定です。






…なんだか、書いていて思ったのですが。

せっくんゴメン。私ばっかり連絡先交換しとるがな。

珍しいパターンですが、次回以降に

凶悪なラストパスを送るように心がけます( ̄ー ̄)








このページのトップへ
コンテントヘッダー

ウル男『と』行く

どうも。いい天気ですね。

オーナーの翔シュウ力です。

突然ですが私、一人でのナンパに関しては、

あまり積極的な方ではありませんで。

なんとなく、誰かと一緒に生産性のないことを

やるのが楽しみだからかと思うのですが。

どう考えても、求めるものとやってることが

アベコベな感が否めません。


だって、女の子にゴールするのが目的で。

その方法として練習試合や試合、

ナンパ(フットサルにするか)があるはずなんですが。

ついつい、話のネタとか面白いことを探してしまう。

なんなら、一人で普通にゴールを決められそうな子にさえ

試合の打診をしてしまう。


でもこれ、やめられないんですよね(笑)

ついつい楽しくなっちゃって。

何より、1+1が2を超えるのが多人数。

自分がそういうメンバーを集めてたり、

連携を磨いている部分が大きいとは思うのですが。

ミスをしてはお互いを笑い飛ばし、

うまくいけば相手から笑いを取る。

なんか、そうやっているうちに癖になっている部分が

かなりあろうかと思います。

試合の相手側まで数に入れると、可能性はさらに無限大ですしね。

もはや、奇病の範疇です(笑)

今回は導入文章が長くなりましたが、ナンパなお話です。







私は、ウル男とよく二人で飲みに行きます。

なんとなく他のメンバーと比べて時間が合うのと、

他のメンバーに比べて二人共スタートから攻撃的だからでしょう。

そもそも、フットサル(ナンパ)には意識的な向き不向きがあります。

よくネットの海で『地蔵になった』という方がいますが、

私とウル男はこうなりません。

二人共、ラインを前へ前へ押しあげられることと、

阻まれてもすぐ立ち直るメンタリティがあるからです。

その良し悪しは別として、
(というか、ナンパの時点で社会的にダメな人ですし)

試合の腕を磨くためにもフットサルも悪く無いと思っています。

どうしても、おちゃらけたり試合に繋いだりしてしまいますが(笑)

それでもさっきまで知らなかった対象ですし、

失敗しても幹事などに迷惑をかけない点で大変優れています。

ちなみに、第一声の大抵は私が担います。

相手の懐に飛び込んでの戦いと口からでまかせトークでの探りは、

多分うちのメンバーに聞けば納得される私のポジションです。

とくに、ウル男とはフットサル出場回数を重ねてきたので

対象の選定から打診までが大変スムーズです。 




フットサル①

私とウル男がフットサルする場合、

大体は最寄り駅が変わりません。

今回もその周辺ですね。

ランク60とランク75が並んでおりまして。

二組ほど断られたのは見ていたのですが、

大丈夫だろうと声がけ。

私の「この辺りによく来るの?」的な発声から

ウル男の「良かったら一緒に飲みません」までで

なんの問題もなく飲み開始。

ウル男がランク75のツンツン子、私がランク60の

OLおで子をマンマークしてスムーズに試合運び。

基本は、私のパス振りからウル男がドリブル、

女性陣の攻めを回収しつつゴール狙いです。

それぞれ、連絡先を交換しまして。

ウル男はツンツン子と後日PKいったらしいですが、

話が盛り上がらなかったそうです。

私はおで子と後日の試合調整しておりますので、

またお話する日が来るかもしれません。




フットサル②

上の二人と飲んでいた時に、私の右手に女性二人が、

左手に男性二人が飲んでいたので巻き込んで対戦。

即席の4対4にしてしまいました(笑)

ちなみにこの二人、ランク45の勝ちたがりと

ランク15のぽっちゃり。

二人がトイレに出た際に私も席をたって連絡先を交換、

後日にウル男と試合を行いました。そのうち登場予定です。

男性二人はたまに話をはさみましたが、

面白くなかったので巻き添えにしただけで後知りません(笑)




フットサル③


ランク45の学生とランク35の学生のコンビ。

二人で歩いていた時にウル男がサッといなくなり、

見つけた時には二人を連れて来ていました。

ウル男がランク45担当、翌週にPKへ繋げました。

私がランク35担当、来月の試合が確定しています。

ランク45の方はノリも良いしボディタッチも多いので

すぐにでもゴールできそうでした。

ウル男が当日ゴールするかと思って必死にランク35を相手しましたが、

ちょっと癖のあるタイプ。

後日連絡はないかなぁとか思っていたんですが、

連絡はやたら可愛げがありました。

これには、私の試合最古参メンバーで臨む予定です。




フットサル④

目の前で男性に声がけされていたランク25とランク30がいて、

困り顔だったので私が「大丈夫ですか?」と声がけ。

食事場所を探しているとのことだったので、

四人で飲み屋へ入りました。

当日は適当に「私の夢は仕事の社会的地位を上げたい」

「仕事が大好き」的な話をして、

ランク30の脚を触ったりおっぱいを揉んだりしたのですが、

連絡先を交換して後日のアポ打診をしたところ、

「ウル男さんが素敵だと思ったので」とまさかの真面目拒否。

面倒なのでウル男にその旨伝えると、

二人共いってみるとダメ男が話しておりました。
(私なりのやっかみとほめ言葉です)







こう見ると、ウル男がランク高い方担当のように

見えているかもしれません。

実際そうなんでしょうが、相手がランク20以上なら

誰でも良い私みたいな奴にはなんの問題もありません。

結局、トータルでフットサル8試合程度の打診をして、

まともに形になったのが上記4件です。

会話の中身や連絡先の交換方法は、

そのうち戦術論ででも書いていこうと思います。

というか、書いていて改めてウル男のスキルの

高さを思いしりました。

終生フォワードの攻撃力恐るべしです。



ともかく、フットサルは遊びです。

こちらがどこまで余裕をもって

相手を楽しませるかが鍵になってこようと思います。

仕事に忙殺されている日々ではありますが、

自身の腕磨きと楽しみのために、

今後も機会を見つけて実施していく予定です。





このページのトップへ
コンテントヘッダー

ナンパ 練習試合後の不全感

皆さんこんにちは。

コンコンパ~のオーナー、翔シュウ力です。

最近、会社というか係内でチーフポジションにつくことが

決まりました。嬉しいような、うれしくないような。

プライベートに影響がでないように、またストレス発散を

プライベートで適度にできるように頑張ります。




さて、今日は珍しくナンパのお話です。

そういえば、試合・練習試合以外で、ナンパに変わる

用語を考えないと。ご意見募集中です。


先日、テッリ・得意・せっくん・私の四人で

練習試合(街コン)へ繰り出したのですが。

PKの確約はいくつかとれても、試合につながらない。

そんな不全感を抱えたまま四人で終了後にラーメンを食べ、

解散となりました。テッリとせっくんは翌日が忙しかったのですが、

私と得意は物足りなかったので路上でナンパします。

得意とナンパするのはこれが初めてでした。



翔シュウ力「あれは?」

得意「いや、ちょっと…」

翔シュウ力「あれは?」

得意「片方のクオリティが…」

翔シュウ力「あれは?」

得意「好みじゃないなぁ。」


そんな掛け合いを路上で何回かした後、一旦間をとって確認。

ルール:
片方に得意が行けそうなら、翔シュウ力は誰でもいいので
とりあえず声をかけてみる。




勢いだけでなく事前の打ち合わせや役割分担が大切なのは、

練習試合も試合もナンパも変わりありませんね。

基本を忘れていたのは、ちょっと反省です。


ルールを決めると、駅から反対方向に歩いてくる二人組みが。

片方は細くてそこそこでしたから、

ここはルールに則り声をかけてみます。


翔シュウ力「今から飲むとこ探してるの?」

女性「そうですよ~、終電までだけど~。」

翔シュウ力「俺ら、飲み会帰りなんだけど。
      飲み足りないから、一緒に飲もうよ。」


女性二人は見てわかるくらい酔っていたこともあり、

快諾されたので23時30分から即席2対2飲みになりました。


後輩子 ランク60 看護師・細身
先輩子 ランク50 看護師・むっちり


最初は、


後輩子  先輩子
--------
   机
--------
翔シュウ力 得意


このように座り、30分後には


後輩子 得意
---------
   机
---------
先輩子 翔シュウ力



となり、いろエロ話ました。

話は苦もなくエロトークに持っていくことができ、

男性の考え方や感じ方を知りたいとのことだったので

ひたすらセックスについて話していました←最低(笑)

話していてわかったのですが、二人ともセックスの話に

食い気味です。やはり看護師はエロいという都市伝説は

間違っていなかった(≧∀≦)



後輩子は旦那がいるけれど別に付き合っている相手がいる、

先輩子は長年付き合った彼氏と身体の関係が少なくなって

別れたとのことだったので、否定しないように会話を進めます。

得意の雰囲気作りと酒のペースもあって良い感じに。

得意様様と、ほめるしかありません。


しかし、終電まで時間がなかったことと、以外にもしっかり

終電で帰ると言い出して残念ながらギブアップ。

帰りの電車は二人別々だったので、得意が後輩子を、

私が先輩子を送って帰宅としました。



当日の結果、得意は後輩子の牙城を崩せず。

私は先輩子と手を繋ぐまでで、次の約束に終わりました。

後日、PKに持ち込んでちゃんといただいたんですが。

シラフで見ると、先輩子はランク45くらいですね。

ただ、二時間で二回しましたけど、上に乗せて自分で動かさせ、

私が豆を触るのをひどく気に入ったエロさはありだと思います。

「ムリムリムリムリ」「おかしくなっちゃう」を連呼されたのも

久々だったので、私としてはありです(笑)

得意によると、先輩子はランク40・後輩子で50だけど雰囲気がエロい

との事だったので、若干ですが得意のほうが面食いなことも

わかりました。…私が採点甘いのかもですが。



今後も、男性同士の相互理解を深めつつ、

ゴールを量産出来ればと思います。



~即席ナンパ 結果~
試合結果 引き分け
勝ち点 1
勝ち点平均 1
ゴール数 1
合計得点 1
得点者 翔シュウ力


このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

翔シュウ力

Author:翔シュウ力
翔シュウ力の駄ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。