FC2ブログ
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

第六節:『不細工崇め隊』①

皆様コンコンパ~、翔シュウ力です。

ハロウィンが終わりましたが、

皆様当日はいかがでしたか。

渋谷はホテルがいっぱいだったとか、

クラブの混雑がハンパじゃなかったとか、

色々聞いております。

私は、地元の友達とバーでわちゃわちゃしてました。

ナンパ行かなかったのがちょっと悔やまれますが、

付き合いも大事なので良しとします(^_^;)





実は最近、私は一つの壮大な舞台を手がけました。

得意と2人でフットサルをしに行き、

安達祐実似の38歳夫・子持ちを口説き終えた後の話です。

安達祐実似はそこそこ年はいってますが、

若い雰囲気がありましたし自分から夫と子どもがいることを

話してきながらもしなだれかかる方でした。

もう少し若かったらなぁと思いながらも、

美味しくきっちり頂きました。

得意と2人でフットサル、二回目でしたが

守備範囲的に私ばかりが得をします。

あまり面白くないんで詳細は割愛しますが、

いつか得意にパスを贈ろうと思います。








さて、私が実施しようとした舞台というのは、名付けて


『不細工崇め隊』


これ、ジェイソン発案の舞台です。

試合中に、いい声で「抱きたい」と一人の子に

言い続ける
という案だったのですが、

やはり全員が参加出来ないと面白くないということで、

男性全員がその日の試合で一番かわいくない子を

褒めて口説き続ける
という方向に致しました。




この時点で決定したのは、


脚本:ジェイソン

演出:翔シュウ力



の、両名です。

そして、当日の出演者を決める段階で

まず演出の私が考えたのが、

主演の一人はウル男という事でした。

モテ男が明らかな不細工を口説く、

周りの女の子の反応も合わせて

見る側が楽しめるに決まっています。



さらに、女性側のキャストさんも大切。

ここはもう、医事子(第五節参照)しかありません。

チャマがゴールを決めていながらも、

私に「いい男紹介して」と言ってくるパンコっぷり。

おそらく自分が勝ちに来るはずですから、

勝ちに来た医事子の鼻をへし折りつつ、

男性陣が不細工を褒め称えて楽しむ。

完璧です。





このラインをずらさず、全体の調和も考えて

最後まで演じ続ける事のできるキャストと言えば。

H&Mしかいない。

私とのダブルボランチで数多の試合に

勝利してきて代表最強のバランサー。

それも、今回は主演でお迎えすることにして。




舞台『不細工崇め隊』

脚本:ジェイソン
     (脚本作り担当)
演出:翔シュウ力
     (当日出演、現場監督含む)

主演:俳優(ダブル主演)
   ウル男
   H&M

   女優
   おそらく医事子の友達①

出演:医事子の友達②

     医事子(いじられ役含む)








完璧です。





ここまで来たらチラシでも作ってやろうか、

実施場所を公表してお客を募ろうかと思いました(笑)

チラシの謳い文句はこれでしょう、


『ウル男』と『H&M』の豪華ダブル主演で、
演出家『翔シュウ力』がお送りする珠玉のストーリーを
あなたは見逃すことができるか!?








完璧です。

先客万来間違いなしです。

さらに、事前にウル男からメッセージが届きます。



『今回、H&Mさんと共に
主演を勤めさせていただきますウル男です。
このような機会を設けていただいた
翔シュウ力さん及びスタッフのみなさんに
感謝しております。
皆さんに楽しんでいただけるよう
自分に与えられた仕事を精一杯頑張りたいと思います。』









完璧です。

もはや主演俳優の役に成りきっています。

多分イメージは若手で大抜擢された子です。

頼もしさしか覚えません。

これは成功間違いなしの予感。

高いテンションのまま迎えた舞台の様子を

どうぞ心ゆくまでご覧ください。







~続く~
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

第五節:フォワードと言えば!③

皆様コンコンパ~、

翔シュウ力です。

こんばんわの代わりにコンコンパ~、

何も言わずに使い始めましたが

いかがでしょうか。

いえ、『いいね』以外聞こえないんで大丈夫です(笑)






翔シュウ力:
さて、セルシオ越前屋さんを迎えてお送りしている
代表戦の第五節、いよいよ後半のキックオフです。
まずセルシオさん、後半の代表の入りはどうですか。

セルシオ:
うん、システムが戻って3対3になっているね。
翔シュウ力が最初から深い位置でボール(話)を動かしてるよ。

翔シュウ力:
翔シュウ力が下がった位置でボールを動かすというのは、
前半の最後と同じ形ということですか。

セルシオ:
ん~、似て非なるものだよ。
翔シュウ力が押しこまれて下がっているんじゃなく、
自分から下がってラインコントロールすることで
まず後ろが安定したでしょ。
そうすると、両サイドのスペースが空くから、
そこを味方が上下動して相手のマークを外す、と。

翔シュウ力:
おぉっと、ここで翔シュウ力が動いた。
ボールを持って切れ込んでいきます。


翔シュウ力「で、チャマとジェイソンだったらどっちが好き?」


この質問を栄養子にぶつける!

セルシオ:
ちなみに、ハーフタイムに彼は情報収集に奔走していて、
ゴールまでのイメージを既に持って動いているね。
彼が事前に得たのは、


チャマ  →医事子にいきたい
医事子  →チャマにいきたい
友達子  →この中ならチャマだけどまずタバコ吸わせろ
ジェイソン→俺にウィスキーちょうだい



っていうとこまでみたいだから、
今回でいうと同じ質問を女性三人共にして
全員から『チャマ』っていう回答を引き出し、
チャマに一人選ばせていぢるお得意のパターンだよね。


翔シュウ力:
なるほど、そういう意図でしたか。
栄養子の回答が気になる所ですが…


栄養子「私、ジェイソン君のがいいな」

ジェイソン「Σ(´∀`;)」



ジェイソン選手ゴーーーーール!!!


チーム翔シュウ力が先制に成功しました。


セルシオ:
予定していたセオリーとはちょっと違うかもだけど、
翔シュウ力が下がって出来たスペースを活かして
キーパーのジェイソンが決めたゴールだね。
決めた本人が『まさか』って顔をしてるのが印象的。
今回は栄養子の「包んでくれる人が良い」って話に
見事に対応したジェイソンの効果だよ。
よく守っているとは思って見てたけど、
攻めにも顔を出すのはすごいね。

翔シュウ力:
一点とったことで優勢に展開するチーム翔シュウ力、
後半30分を回ったところで一次会を終えて二次会へ
移動していくようです。
残り15~20分の時間帯、ここはどう戦いましょうか。

セルシオ:
今回、女性陣が行きつけがあるって言って
知ってるお店に歩き出しちゃったからね。
本当ならここでイニシアチブを取りたいけど、
そこはアウェ-だし仕方ないかな。
考え方としては、1-0っていうのは
あくまで最小の点差ってこと。
フットボールの残り20分ッテ時間は、
試合がひっくり返る事もよくあるからね。
チームとして方向性を統一して臨みたいよね。


翔シュウ力:
既に店に入る時点でチャマと医事子が
イチャイチャしていて得点の匂いがします。
さて、店に入っての配置ですが、


ジェイソン 栄養子
ーーーーーーーーーーー|
              |翔シュウ力
    机         |
              |友達子
ーーーーーーーーーーー|
チャマ   医事子      


となっております。


セルシオ:
二次会だし、これは1対1を3つにして
一気に攻め倒す形をとってる。
翔シュウ力代表の勝利への気迫が
こちらまで伝わってきそうだよね。

翔シュウ力:
この時間帯に翔シュウ力に電話が入ります。
一旦ピッチを出て電話に対応している間に、
友達子が帰宅しております。

セルシオ:
終電が云々と言ってたみたいだけど、
まだ22時前だからね。今日の印象が悪いし、
これは誰にも止められないのも仕方ないね。

翔シュウ力:
人数では3対2と上回っても、
代表がそれほど押していないように見えますが。

セルシオ:
ジェイソンのサイドはもう試合は決まってるし、
チャマもゴールまですぐそこ。
翔シュウ力は勝てると見て、机の上の料理を処理しつつ
写真をとったりたまに茶化すくらいにして
試合を閉めに動いているね。

翔シュウ力:
あっという間に後半もアディショナルタイム、
帰り道でセットプレーのチャンスです。
栄養子だけ路線が違うので先に帰し、
チャマと医事子が先を歩くのを見届けて
途中でジェイソンと翔シュウ力が消えました。

セルシオ:
翔シュウ力が入れたボールをジェイソンが落として、
チャマがシュートという理想的な形だね。

翔シュウ力:
このダメ押しの一点が決まってすぐに終了のホイッスル、
2-0で代表が勝利を収めております。

セルシオ:
うん、二点取れたのは良かったんじゃないかな。

翔シュウ力:
おぉっと、試合終了後にジェイソンと翔シュウ力が
飲んでいると、チャマが合流してきました。
2人からものすごい駄目だしを受けています。

セルシオ:
どうも帰り道にキスまでしたのに帰しちゃったみたいだから、
詰めの甘さを指摘されてるんだろうね。
まぁ、後日談になるけどチャマがきっちりPK沈めたし
いいんじゃないかな。

翔シュウ力:
ちなみにちなみに、最終的な女性陣の採点ですが、

医事子 35点(チャマ採点5~60点)
栄養子 20点(50点がジェイソン採点、トータルでw)
友達子 25点

という事になっており、
それぞれの好みの差が出る結果となっております。

今回はきっちりと勝ち点3をとった翔シュウ力代表、
今後の試合にも注目しましょう。
実況は翔シュウ力、解説はセルシオ越前屋さんで
お送りしました。ありがとうございました。

セルシオ:
うん、これも後日談になるけど、
医事子から翔シュウ力に試合開催の打診が来たんだよね。
パンコみたいだから、その試合も実況できるといいな。
またね。



~第五節 結果~
勝ち点 3
勝ち点平均 2.2(五試合合計11点)
ゴール数 2 
合計得点 9(五試合延べ)
得点者 チャマ(1)  …医事子
     ジェイソン(1)…栄養子


このページのトップへ
コンテントヘッダー

第五節:フォワードと言えば!②

日本代表がブラジルに負けた夜にコンコンパ~、

オーナーの翔シュウ力です。 

コンコンパ~、浸透させていきますよ(笑)

ブラジル、強かったですね~。

細かくは言及しませんが、強かった。

さてさて、実は本日のアップ内容ですが、

アップしようとして一度間違えて消えました。

朝に途中まで仕上げて放置し、

後から追記して投稿しようとしたら

ログアウト扱いで記入できず(笑)

みなさんも書き込む場合はお気をつけください(^_^;)







翔シュウ力:
さて、いよいよ女性陣の入場です。
今回の相手は三分ほどの遅れで入ってきましたね。

セルシオ:
翔シュウ力は時間を守る子が好きだけど、
五分以内の誤差は許容範囲内で問題ないと思うよ。

翔シュウ力:
女性陣が見えるなり、翔シュウ力が脳内で採点をし始めました。

セルシオ:
彼は採点が早いから、よく男友達から
「目がいいのか?」と聞かれるみたいだね。
実際には目がいいんじゃなくて、
採点するポイントを絞っているだけなんだけど、
ここは詳しく話すと長くなるから
機会があったらいつかじっくり解説するよ。

翔シュウ力:
1秒に満たない時間で、採点が出てきました。
今回の速報値ですが、

医事子 45点
栄養子【幹事】 15
友達子 30点

との事です。
また、ウル男からの情報ですが、
以前に会った時には幹事の栄養子について
「後ろを向かせればいける」と翔シュウ力が言っていたとの事。
これは採点で言う20点以上のはずですが、
今回の速報では超えてこなかった模様です。

セルシオ:
そこについてはアルコールの偉大さを称えるしかないね。
問題になるのは、翔シュウ力のモチベーション。
守備の際にはファーストディフェンダーの役割も持つ
中盤のポジションだけに、点数の低い選手がいるのは
どうしても厳しくなりがちだよね。
ただ、今回はキーパーのジェイソンがいるから、
彼とディフェンスラインのバランスを取りつつ
どう戦うかも見所になりそうかな。

翔シュウ力:
なるほど。その辺り、代表戦に初登場の
ジェイソンの力量の見せ所という訳ですね。

翔シュウ力の促しで、女性陣が着席。
チャマとジェイソンにボールを振りつつ、
ほぼ予定通りの席に相手を誘導します。
今回の席次は、以下のようになりました。



医事子    チャマ   友達子
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
         机
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ジェイソン  栄養子  翔シュウ力  
                   【入口】


セルシオ:
試合開始前に予定の配置に付けられたのは大きいね。
男女の幹事が並ぶのはちょっと違和感があったみたいだけど、
そこはトークで押し切れたしね。

翔シュウ力:
飲み物のオーダーをして、今キックオフ。
男性陣、まずは翔シュウ力にボールを集めます。

セルシオ:
これはいつもの鉄板だね。
今回フォワードのチャマを乾杯と自己紹介でいぢると同時に、
相手のノリを確認するスタイル。
どうやら今回の相手は友達子が押し気味みたいだから、
そこにチャマをぶつけて試合を作る展開になりそうかな。
と、今回は飲み物のチョイスもポイントだね。

翔シュウ力:
今回は、飲み放題に赤・白・ロゼのワイン三種類が含まれて
二時間で4,000円を切るコースのようです。

セルシオ:
食べ物がコースで決まるのはちょっとあれだけど、
ロゼが飲み放題にあるのはポイント高いよね。
女の子に乾杯から「可愛い色だから」と勧めやすいし、
ワインの効力は知っての通り。
今回はそこを基準に選んだみたい。

翔シュウ力:
女性陣三人が、三色のワインをそれぞれ注文したことで、
アルコールについては優勢にいけそうですね。

セルシオ:
問題は、予想以上に女性陣が強かった場合くらいかな。

翔シュウ力:
前半の早い時点で、ボランチの翔シュウ力が動きました。
幹事がみんなと話を回すのが大変という事にして、
席を変えていきました。現状ですが、


医事子   翔シュウ力   友達子
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
         机
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ジェイソン  栄養子    チャマ  
                   【入口】

と、なっています。
これはどのような意図が考えられますか。


セルシオ:
所謂アイソレーションという戦術へのシステム変更かな。
今回のチームではチャマのサイドで押せると見て、
チャマ 対 友達子をマンツーマンにして、
翔シュウ力&ジェイソンを栄養子&医事子と逆サイドでぶつける。
ストロングポイントで一気に点を取りに行くスタイルだね。

翔シュウ力:
なるほど。
ここまでは狙い通りの展開ということでいいですか。

セルシオ:
そういうことになるね。かなり(ボール)保持率が高いし、
二杯目以降を友達子がワインのカラフェを頼んでいる所をみても
チャマが仕事をできているんじゃないかな。

と、やっぱり見逃しちゃいけないのはジェイソンの働き。
翔シュウ力が会話を回す役割だから表には出ないけど、
突然の変更が機能するのも彼の適応による所が大きい。
あまり話していない栄養子の会話とか、
翔シュウ力の拾えない会話も早い段階でケア出来てる。
彼の戦術理解度は大きな武器になってるよ。

翔シュウ力:
前半も35分を過ぎたところ、少し守備に回る時間が増えてきました。
チャマのサイドから攻めこまれているように見えますが、
チャマの脚が止まっているという事ですか。

セルシオ:
アイソレーションで見えにくかったし
少々のリスクは覚悟の上だったろうけど、
チャマの脚が止まるというよりかは
友達子の酒が進むにつれて彼女はクダを巻き始めてるね。
そのせいで押し込まれているんじゃないかな。

翔シュウ力:
戦術変更の弱点をつかれたということですね。

セルシオ:
友達子がおとなしかったのは最初だけ、
アルコールで内面が見えてきてるよ。
これは憶測だしほぼ確証でもあるけど、
今回女性陣は友達子が推しメンだね。
でも、友達子の好みは今回こなかった。
消去法でチャマを選んで相手をしてたけど、
酒が進んで取り繕うのが面倒になったんだろう。

翔シュウ力:
そう言われて見れば、確かに開始時と雰囲気が違います。
態度が悪くなって言葉遣いも汚くなったのが、
ここ実況席からでも見て取れます。
チャマが相当苦労してボールを取りに行っていますね。

セルシオ:
ここは前半のポイント、我慢の時間帯。
翔シュウ力が下がってきてケアを始めたけど、
もう少し早く動きたかったとこ。
マンツーマンにするためにチャマ側に背中を向けてたから、
対応がワンテンポ遅れてしまったなぁって思うよ。
ジェイソンも急に2人を相手にしなきゃいけなくなって、
一気に負担が増えてるしね。

翔シュウ力:
なんとか残った時間をしのいで、
今前半終了のホイッスルです。
前半を総括して、いかがでしょうか。

セルシオ:
守りに関しては、攻め込まれる時間もあったけど
合格点あげていいんじゃないかな。
早い段階でシステム変更しても機能していたし、
ジェイソンが入ったことで守備の厚みが増したね。
まぁ、彼に聞くと「俺は酒を飲んでただけ」って
言うだろうけどね。

攻撃面では、翔シュウ力がいつもに比べて
意識的に球離れを良くしてたよね。
ボールが回るからそれぞれ試合に入りやすかったろうし、
チャマも自分の役割を理解してたと思うよ。

翔シュウ力:
後半に向けてはいかがでしょうか。

セルシオ:
攻めが単調だったとこをどうするかだね。
もう少しピッチをワイドに使うとか、
チャマ以外の選手が1対1を仕掛けるとか
してほしかったんだけど。
ベンチからの指示も含めて、
後半での修正が課題になると思うよ。

翔シュウ力:
終盤は押され気味になってしまった翔シュウ力代表、
後半の活躍に期待しましょう。






~続く~



このページのトップへ
コンテントヘッダー

第五節:フォワードと言えば!①

皆さんコンコンパ~、オーナーの翔シュウ力です。

今回は中断期間を経た初戦として、

新加入のメンバーとの一戦をお送りしたいと思います。

実況はわたくし翔シュウ力、

解説はおなじみのセルシオ越前屋さんでお送りします。

ちなみに日本代表のブラジル戦は、

パブビューで観戦予定です♪




翔シュウ力:
セルシオさん、まず今回の代表召集メンバーについてお願いします。

セルシオ:
まずはこの三人で男飲みを複数回こなしているあたりがポイントだよね。
このメンバーで合コンは初だけど、既にお互いの呼吸はわかっている状態。
後は実戦での姿勢がわかれば戦っていけるだろうね。

翔シュウ力:
連携面での心配がないという事ですね?

セルシオ:
事前の情報からすると、女性陣と対面する前に
0次会までやっているからね。
大きなアドバンテージを持てるよね。

翔シュウ力:
連携の熟成された状態というのは、
ある程度ポゼッションをとりにいくという監督の意思表示でしょうか?

セルシオ:
ポゼッションを高める戦い方は、
監督の特徴でもあるからね。
主導権を常に持ちながら、どこで展開を変えるかが
今回の試合では注目かな。

翔シュウ力:
選ばれたメンバーと布陣についてもお願いします。

セルシオ:
まず確認しなければいけないのがそれぞれのポジションだね。
ジェイソンのポジションはほぼ不動のキーパー。
安定した守備に定評があるし、女性を顔ではなく金で見極めるあたり、
この布陣の守備の要だね。最後列から試合を作ってもらいつつ、
三人しかいない代表の攻撃にどこまで参加できるかが大事かな。

翔シュウ力は、やっぱりボランチだよね。
今回が初めてのメンバーでの試合だから、
中盤でゲームを作る役割が必要不可欠になるしね。
相手によってはパワープレーに出なきゃいけないだろうから、
溜めを作るのか簡単に捌くのかの見極めも重要だね。

そうなると、自動的にチャマはフォワードに入ることになる。
正直、0トップでもなんの問題もないんだろうけど。
今回は0次会の様子を見ても調子が良さそうだし、
何より彼をここに置いておくと男性側が面白いからね。

チャマ・翔シュウ力・ジェイソンの縦のラインを形成して、
いかに相手を押し込むかが勝負になるね。

翔シュウ力:
対戦相手についてもお願いします。

セルシオ:
今回の対戦相手は、ウル男とオーナーが飲んだ時に
ウル男が繋げてきたんだったよね。
記憶が遠くて怪しげだけど、確か結構ガタイのいい、
アゴが出ている選手がキャプテンじゃなかったかな。
相手側監督(幹事)がどんな意図で戦いにくるかで、
試合の流れが決まるんじゃないかな。

翔シュウ力:
(女性側)幹事本人が勝ちに来るのか、
それとも相手への配慮があるのかという点ですね。

セルシオ:
幹事のメンタルは重要だからね。
あぁ、今回の席次は事前の情報通りに
チャマをトップに使っていく形に拘るみたいだね。
お手並み拝見といこうかな。

翔シュウ力:
今回の3対3ですが、店での待ち合わせということで、
以下の様なスタンスで待つようです。



         チャマ
ーーーーーーーーーーーーーーーー
          机
ーーーーーーーーーーーーーーーー
ジェイソン         翔シュウ力  



この形で、ついに女性陣の登場です。
白熱の対戦、期待して待たせて頂きましょう。

セルシオ:
まぁ、情けない試合をするようだったら、
皆で盛大に叩くだけだけどね。
 

 






~続く~


このページのトップへ
コンテントヘッダー

第四節:せっくんと行く②

雨が降って、やっと通常の季節を感じられる今日このごろ。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

オーナーの翔シュウ力です、こんばんは。




OLオデ子(ランク40)、友達ロリ子(ランク25)に対する

せっくんと翔シュウ力。

中学生の地方大会初戦くらいの緊張が走ります。

所謂、強いチームは気にもならないけれど、

弱いチームには『これで最後かも』的なあれです。

もちろん私とせっくんのチームは強者



…のふりをした小心者の弱者。

待ち合わせ場所についてから

「もうお店入ったから店の前まで来て」と

女性陣に言われても

怒れるわけがありません(笑)



「待たせてごめんね」

「良いお店だね」

的なことを言いながら合流します。

適当に会話を流しつつ情報収集すると、

なんと大学からの同級生。

しかも、よく女子飲みするらしい。

かなりいかん流れです。

何故なら、女性陣の結束が強い場合には


・情報の共有がスムーズになされていて
     片方がおいたをすると即座に出回る

・共通の友人がくるため、
     合コンを開いてもはじけにくい



というあからさまなデメリットがあります。

ここは、PKにつなげて終わるしかないのです。

さらに、二人とも酒はあまり飲まないとのこと。

出だしでやられて試合の作り方に困った私ですが、

チームというのは一人ではありません。

普段サイドに位置して試合の流れをつくるせっくんが、

今回は2対2ということもあって

フォワードに入ってくれました。


「で、次のお酒はどうする?」

「そのオーダー、いいね。ビールに合いそう。」



酒は飲まないと言われたこともなんのその。

食事と酒の話で場を和ませつつ、

順調にトークを開拓。

やつはさすがです。




一時的にゲームメイクをしてくれたせっくんを、

私が黙ってみていてはおもしろくない。

開始から約30分、



OLオデ子 友達ロリ子
ーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーー
翔シュウ力 せっくん



だった試合の流れを変えるため、

「席替えして話そう」

というパスをぶち込みます。結果として、



OLオデ子 せっくん
ーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーー
翔シュウ力 友達ロリ子




というわかりやすい図式に。

ここから、1対1に完全に流れを寸断した

個人スキルに頼った試合運びをします。

長年の友人関係で培われたアイコンタクトから

あちらとこちらで異なる会話を展開。

さらに、ロリ子がトイレにたった際に時間差で

私もトイレ前にいき、2人タイム作り。

さらに、ロリ子に「あの2人はいい雰囲気だから」

と刷り込みつつ、私も1対1を仕掛ける。

結果…













なつかれました(笑)

デパートの飲食フロアトイレ前で、人が来ない隙に

キスをする荒業まで展開。

後にきっちりゴールは決めましたが、

あまりに面倒なので以降は連絡とってません。




~第四節 結果~
勝ち点 3
勝ち点平均 2(四試合合計8点)
ゴール数 2 
合計得点 7
得点者 せっくん(1)…OLオデ子
      翔シュウ力(3)…ロリ子




今回のオデ子は、面倒な子でした。

話は自分勝手だし、名乗らないし、

会計はこちらに任せるし。

しかし、それでも勝ち点3に繋げた自分達と

「今までの中では良かった方」と言われた

自分は褒めたいですね。

というか、せっくんが来る時は決まって対戦相手の

クオリティが下がるという

不思議な現象が起きるので。

不遇な(美味しい)せっくんに、

もう少しパスを回そうと思います。

てか昨日、友人にちょっかい出した私に

「飲みに行こう」メールがOLオデ子からきました。

リサイクルできるのか。




待て、次回(笑)





このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

翔シュウ力

Author:翔シュウ力
翔シュウ力の駄ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。